Initial submission | Final submission | Status of your paper

最終投稿ガイド

1. 一般
原稿はテキスト、数式、図(写真)、表のファイルから構成され、いずれも電子媒体で送付されることを推奨します。これらをもとに、ACTは印刷データのレイアウトを行います。
ACTはインターネット上のPDFファイルのみの形態で出版されます。原稿のカラー情報はPDFファイルにおいて維持されます。
全ての著者について、著者名を姓名ともフルに記載し、職名、所属、機関名、都市名、国名を記載して下さい。電子メールアドレスは連絡先の著者だけお書き下さい

2. テキスト
2-1 MS Word形式(推奨)
フォントは原則的にTimes New Roman 又はArialの12 point。各種記号もできるだけ当フォントを用いて下さい。Super-subscriptを含めて下さい。
ギリシア文字、数学記号等はSymbol fontを使用し、MS明朝などの2バイト文字を含めない様注意して下さい。

2-2 Plain text + PDF
フォントは原則的にTimes New Roman 又はArial12 point。各種記号も当フォントを用いて下さい。
ギリシア文字は引用符をつけ英語で記述(例:"Alpha", "Gamma")
Super-subscriptは標準書体のままとし、付属のPDFファイルの中で分かるようにして下さい。

3. 数式
次の(1)〜(3)いずれかを選択して下さい。
3-1 MSWord 付属の数式エディタを使用し、テキストに含める。(推奨)
3-2 MathTypeを用い、 数式番号をファイル名とし、テキストとは別に準備する。文中には式番号を入れて下さい。
3-3 TeXで記述された数式はEPSファイルに変換し、数式番号をファイル名とし、テキストとは別に準備する。文中には式番号を入れて下さい。

参考文献の書き方はAuthor-Year方式です。本文中に文献番号は入りません。また末尾の参考文献リストも筆頭著者のアルファベット順となりますのでご注意下さい。(詳細はACT Authors Guideを参照して下さい)
テキスト(数式、参考文献リスト、記号凡例、appendix等を含む)を1カラムにレイアウトし、図表はその後にまとめて付けて下さい。マージンは上下各25mm、左右各20mmとして下さい。ハイフォネーションはマニュアルでは行わない様にお願い致します。


4. 写真
4-1 電子ファイル(推奨)
モノクロ 8bit 200dpi。カラー 24bit 200dpi RGB。ファイル形式はMS Wordに貼り込めるものなら可。スキャンする場合は印刷に必要な大きさ(幅7cm)の3倍
(MS Wordに貼った状態で300%まで拡大してジャギーの無い解像度のものなら可。)

4-2 アナログの場合
プリントされた写真の送付も受付けます(プリントは返却致します)。写真の上に文字を印刷した紙などを貼ることは避けて下さい。替りに、プリントにトレーシングペーパーを
かぶせ、その上に必要な文字や指示事項を書いて下さい。

写真もFig.2、Fig.8(a)の様にナンバリングして下さい。

5. 線画・グラフ
5-1 電子ファイル(推奨)
MS Wordファイルに貼ったもので、300%までの拡大してジャギーの無いことを確認できるもの。すべての図を1ファイルにまとめて下さい。
グラフの幅6.5cm 文字は8point以上、 線の太さ0.5ポイント以上、グラデーションやカラーの使用は許可。但し印刷して読む読者のため、モノクロでも区別ができるように配色に注意して下さい。
紙に書かれた図をスキャンする場合は、最終的な図の幅が7cmまたは15cmで、グレースケールで解像度200dpiとなるように読み込み、MS Wordに貼り込んで下さい。

5-2 プリントの場合 
プリントされた図の送付も受付けます(プリントは返却できません)。A-4横使いとし、幅26cmの中に、用紙一杯にモノクロレーザープリンタで解像度600dpi以上で印刷したもの。文字は18pointとし、線の太さ1ポイント以上、グラデーションは不可

6. 表
MS wordによる表(推奨)またはMS Excel互換のスプレッドシートソフトウェアで作成されたファイル、線の太さ0.25ポイント。
表の幅6.5cm または15cm。 文字は7point以上、 線の太さ0.25ポイント、グラデーション不可


7. 送付方式
7-1 インターネット(推奨)
(
1)電子メール添付(2012年2月29日まで)
ファイル総容量が10MB以下の場合は、<secretary@j-act.org>宛のメールに添付できます。アーカイバによる分割には対応できません。
(2)Web投稿(2012年2月以降)
初回投稿、修正後の原稿、最終原稿いずれも<http://www.editorialmanager.com/jact/>から投稿できます。
以上の方法でも送付できない場合はご相談下さい

7-2 郵便
CD-R(フォーマットはISO 9660レベル1)
レーベルに論文番号と送付者(Corresponding author名)を油性ペンで記載し、十分に保護して郵送して下さい。プラスチックケースに入れただけでは不十分です。

EMS又は同等の郵便とし、パッケージに折れ曲がりの無い様に注意して下さい。宛先は

〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 
相互半蔵門ビル12階 公益社団法人 日本コンクリート工学会
ACT編集委員会(宛)
電話:03-3263-1571(代表)