ACT初回投稿要項

Initial submission

ACTへの論文投稿をご検討いただき有難うございます。
この文書は、日本人の著者が英語論文の電子原稿をご準備いただく際の注意点について説明するものです。採択論文はPDFに編集されますので、初回の査読のための投稿ではあまり制限はありません。WORD等を用いてご準備下さい。




半角フォントによる特殊記号の入力方法

英語論文の電子原稿作成における最大の問題は2バイト(全角)文字の混入です。この様なPDFやWordファイルは海外の査読者のパソコンで上で、文字化けしたり、ページを開くことができません。日本語版のWordをお使いの方の場合、無意識にMS明朝などの漢字によるギリシア文字、各種記号、数学記号、全角スペースなどが混入されています。
Wordを用いて原稿を準備される場合、まず最初にフォントをTimes New RomanまたはArialにします。これらのフォントでは依然上記の特殊文字を入力することはできませんので、半角のローマンフォントであるSymbolフォントを適宜使用します。「挿入」メニューから「記号と特殊文字」を選択し、出てくるダイアログボックスでフォントをSmbolにします。ギリシア文字や各種の記号が出てきますので、それをダブルクリックすれば、書類の中のキャレットのある場所にその記号が入力されます。頻繁に使う℃の左上の○などは、このダイアログボックスの下にショートカットキーを割り振るボタンがあるのでこれを用い、例えばAlt+Shift等を割り振ってやると、文章を書く流れを中断することなく記号を入力できます。

 

既発表の日本語論文
  ACTでは、英語で公開されていない論文は未発表と見なしており、既発表日本語論文の英語版も受理致します。但し英語版の表題の注釈として、初出の雑誌名、巻・号・頁・年を明記して下さい。

前のページに戻る